理想の睡眠時間
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 理想の睡眠時間

理想の睡眠時間

睡眠不足や眠りすぎは時に健康に大きな影響を与えます。睡眠不足は老化や血圧の上昇にも関係していると考えられていますし、生活習慣病の悪化にもつながります。

また、子供の睡眠不足は肥満との関係がある・・・といった調査結果も出ているくらいです。では、理想の睡眠時間とはどの程度なのでしょうか?

十分な睡眠時間

専門家は7〜8時間の睡眠が理想的だと指摘します。7時間から8時間の睡眠をとれば、休めたという感覚と集中力が翌日に感じられるというのです。

では逆に少なすぎた場合、どのような問題が出てくるのか?

実はイギリスで睡眠不足に関する調査が行われています。この調査は33歳から55歳のおよそ8000人を対象にしたものでしたが、睡眠時間が調査時の6時間〜8時間よりも減少していた人は心血管疾患による脂肪リスクが110%も高いことが明らかになっています。

逆に睡眠時間が増加した場合、非心血管疾患による死亡リスクが110%高くなるといった結果になっています。

記事:2008年02月03日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド