シックハウス症候群は換気で対策
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > シックハウス症候群は換気で対策

シックハウス症候群は換気で対策

目がチカチカしたり、めまいや吐き気、頭痛といった症状でも知られるシックハウス症候群ですが、換気をすることで改善されることもあるといいます。

シックハウス症候群には換気

シックハウス症候群の対策の1つは換気。そもそも原因となっている物質には建材自体からくるもの以外にも家具やじゅうたんなどから発揮される化学物質、ダニやカビなども関係しています。

また、住宅自体の気密性が高まっていることもその要因の1つではないかと考えられているのです。

さて、家具や壁紙などから発揮する化学物質(ホルムアルデヒド)などが原因の場合などは十分な換気をすることで症状が改善されることがあります。気密性が高い住宅で窓を閉め切っているとホルムアルデヒドが外に逃げず、室内に充満してしまうのです。

そのため、常に換気をすることや家具などに原因があると思われるときは家具を一度外に出して化学物質を発揮させることも効果がある場合もあります。ただし、建材自体に問題がある場合は換気だけでは不十分な場合もあります。

記事:2007年11月27日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド