パソコンによる目の疲れ解消法
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > パソコンによる目の疲れ解消法

パソコンによる目の疲れ解消法

パソコンによる目の疲れは今では当たり前になってきているのかも知れません。パソコンなしでは何も出来ない仕事も多いはず。今回はパソコンによる目の疲れを解消するための方法などについて簡単にご紹介します。

パソコンと目の疲れ

パソコンと目の疲れ。殆どセットのようなものかも知れません。しかしちょっとした工夫をするだけでドライアイ(目が乾くことによって目の疲れや異物感、充血などの症状が現れる疾患)などを予防することができます。

まず、パソコンを見る時の注意点ですが、自分の目線よりも上にモニターなどを設置しないようにしましょう。できれば目よりも下がよいです。2つ目の注意点は、まばたきです。

えっ、まばたき?と思われた方もいるかも知れません。パソコンに集中しているとまばたきの回数が減ってきます。これが目を乾燥させたり、目の疲れの原因にもなります。そのためまばたきの回数を増やすことで目の乾燥を予防します。

そして、部屋の湿度も目の乾燥に関係してきますので注意したいところです。パソコンを使うときは適度に目をやすませるのも大切です。1時間に1回は目を休ませるような習慣をつけると目の疲れも随分と改善されるはずです。

記事:2007年07月22日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド