受動喫煙の害
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 受動喫煙の害

受動喫煙の害

受動喫煙は赤ちゃんに害を与えることはすでに知られていることですが、母親が喫煙する場合、母親と父親が喫煙する場合にどれだけ赤ちゃんに影響を与えるかといった調査結果が出ています。

受動喫煙は赤ちゃんにどんな害を与える?

妊娠中の受動喫煙によって赤ちゃんにどれだけの害を与えるのでしょうか?

米国で行われたこの調査では104人の赤ちゃん(生後10週から12週)を対象にして尿検査を行いました。

その結果、母親又は父親が喫煙していた場合、ニコチンが体内で変化してできる物質であるコチニンが赤ちゃんの尿から検出されています。

両親が非喫煙者であった場合に比べてこのコチニンのレベルは両親が喫煙者の赤ちゃんの場合は5倍であったといいます。最近でも赤ちゃんを乗せた車の中で喫煙する母親や父親が見かけますが、そのリスクは理解しているのでしょうか。

記事:2007年07月07日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド