妊娠中のアルコール摂取について
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 妊娠中のアルコール摂取について

妊娠中のアルコール摂取について

妊娠中のアルコール摂取・・・医師に言われなくとも、あまり胎児には良くないだろうと思う人は多いはずです。

アメリカでは妊娠中にアルコールを摂取する妊婦によって新生児のおよそ4万人(年間)が何かしらのダメージを受けて生まれてくるといったデータもあります。そのほかにどんなリスクがあるのでしょうか?

妊娠中のアルコールとそのリスク

妊娠中のアルコール摂取のリスクを調査するためにアメリカではアルコールとコカイン、たばこの飲用についての調査が行われています。

この調査は3000人以上を対象にして行われたものですが、その結果、なんとコカインよりもアルコールの方が超早産児出産の危険性を高めるという結果になっています。

専門家は妊娠中の飲酒はとにかく避けるべきだと助言しています。

記事:2007年07月06日

関連キーワード:, , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド