肥満の赤ちゃんと対策
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 肥満の赤ちゃんと対策

肥満の赤ちゃんと対策

肥満の赤ちゃんは7歳になった時点で肥満になるリスクが150%もあることが香港で行われた調査から明らかになっています。子供の肥満には遺伝が関係しているというのです。

ではどの程度が肥満なのか?また、肥満の赤ちゃんが後々肥満にならないようにするにはどういった対策があるのでしょうか。

肥満の赤ちゃんの場合

今回の調査で肥満のガイドラインとして使われた体重が3650g。調査は8,300人の赤ちゃんを対象として行われました。

誕生、3ヶ月、9ヶ月、36ヶ月、そして7歳になった時点でそれぞれ調査を行ったところ、肥満の赤ちゃんの場合、7歳になった時点で肥満になっている確率が高いことが分かったのだといいます。

研究者達は子供の肥満を防止するのには母乳育児が大切だといいますがその理由は母乳育児であれば与えるぎるということを防ぐことができるためです。

記事:2007年06月23日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド