新型インフルエンザを予防するための手洗い方法
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 新型インフルエンザ > 新型インフルエンザを予防するための手洗い方法

新型インフルエンザを予防するための手洗い方法

新型インフルエンザの感染の仕組みでもご紹介しましたが、新型インフルエンザはウイルスに感染した人がくしゃみや咳をした時に飛び散るしぶきを吸い込んでしまう飛沫感染やウイルスに感染した人が触ったドアノブやつり革などに触れた手で目や鼻口を触ることで感染する接触感染があります。

接触感染を防ぐ最大のポイントは手洗いです。ウイルスは皮膚を通して感染することはありませんから、手にウイルスが知らず知らずのうちに付着していたとしても、その手を石けんで洗ってあげれば、感染を予防することができるのです。

さて、その手洗いの際の注意点ですが、

1.時間の目安は15秒から30秒
2.最初に水を手でぬらす
3.次に石けんで手のひらを洗う
4.手のひらで手の甲を洗う
5.つめや指の間、親指の回りもよくあらう
6.手首も洗う
7.水でよく洗い流す
8.乾いた清潔なタオルや布で水分をふき取る

記事:2009年05月17日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド