腸内細菌は便秘改善になぜ必要か
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 便秘・痔 > 腸内細菌は便秘改善になぜ必要か

腸内細菌は便秘改善になぜ必要か

腸内細菌の種類と働きでは腸内細菌には大きく分けて2種類あると、そしてその数は100兆個にもおよぶということをご紹介しました。

そこで今回は腸内細菌が何故、便秘改善と関係してくるのかについて少しご紹介したいと思います。

便秘改善と腸内細菌

さて、腸内に善玉の乳酸菌が増加してくるとどうなるのでしょう。

乳酸菌が増加すれば、乳酸菌が作り出す乳酸量も勿論ですが、増加してきますね。すると、腸内は酸性化されるわけです。

腸内が酸性化された結果、悪玉菌の活動も抑制され、さらには、腸の運動であるぜん動運動も活発になるという仕組みです。

ぜん動運動が活発になれば、便秘改善にもつながりますね。

記事:2007年10月23日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド