下痢の原因とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 便秘・痔 > 下痢の原因とは

下痢の原因とは

下痢の原因とは一体何でしょうか。下痢にも実はいくつかのタイプがあります。1つ目は一過性のもの。このタイプが一番多いのですが、お腹を冷やしたり食べすぎが下痢の原因となります。

しかし、もっともやっかいなのが慢性のタイプです。

下痢の原因:過敏性腸症候群

慢性の下痢の原因に過敏性腸症候群というものが挙がられます。これは何かというと腸の働きが自律神経の乱れによって阻害され、正常な働きができなくなった状態のことです。

自律神経が関係する過敏性腸症候群の原因はストレスです。ストレスによって自律神経の働きが乱れてしまうことによって起こりますから、まずはストレスを改善することが先決です。

下痢の原因と解決策

他にも下痢の原因となることとして挙げられるのが、アルコールや水の飲みすぎです。ですから、下痢を防ぐにはまず水分のとりすぎを控えること、ビールなどの飲みすぎを控えることです。

また、牛乳に含まれる乳糖は腸では分解されないため、下痢の原因となることがありますし、タバコも悪化させる要因となります。

記事:2007年06月14日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド