妊娠が便秘と痔の原因に
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 便秘・痔 > 妊娠が便秘と痔の原因に

妊娠が便秘と痔の原因に

妊娠が便秘と痔の原因となってしまうことはそんなに珍しいことではありません。これは女性特有の問題です。さらに出産の際には強い腹圧がかかりますから元々痔に悩まされていた人は症状が悪化してしまうこともあります。

妊娠が便秘と痔を引き起こす理由について

妊娠が便秘と痔を引き起こしてしまうのは妊娠中にお腹の赤ちゃんが大きくなってくることで肛門部分などが圧迫され、肛門に負担がかかることなどが原因となります。

そうすると血液の流れが悪くなりうっ血してしまう・・・ということにつながってしまうのです。

また、子宮によって腸が圧迫されると排便に問題が出てしまうこともあり、どうしても便秘になってしまいがちです。妊娠中はそういった意味でも食生活の見直しが求められます。

ですから、妊娠前に痔で悩んでいる方は事前に医師に診てもらうことも大切です。

記事:2007年04月05日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド