出産後の痔
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 便秘・痔 > 出産後の痔

出産後の痔

出産後に痔になったという女性も多いと思います。特に妊娠中はホルモンバランスなども影響しますし、また子宮が大きくなることで排便が困難になることもあり便秘になりやすいのが特徴です。

出産後に痔になる原因について

出産後に痔になる理由のひとつは出産時に強くいきむ必要があることも関係してきます。標準的な体重の赤ちゃんを産むのにも排便などよりも何倍も強くいきむ必要があり、腹圧をかけることで肛門もその影響を強く受けます。

ですから、元々内痔核があった人などは脱肛することもあるかも知れません。出産後に痔に悩まされないためにも、以前から痔が問題だと思う方は事前に医師に相談されることをおすすめします。

また、母乳を与えるようになると体の中の水分が奪われてしまい、便が硬くなります。母乳を与えることが便秘の原因にもなってしまう・・・ということになりますが、普段から水分補給に十分気をつけること、食生活、特に食物繊維を多目にするといった工夫も大切ですね。

出産後の痔はストレスによって引き起こされる場合もあります。慣れないことが続き疲労がたまってくるとストレスになり、痔にもつながってしまいます。

記事:2007年04月01日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド