腰に負担がかかる姿勢
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 腰に負担がかかる姿勢

腰痛ガイド「腰に負担がかかる姿勢」

今回は腰に負担がかかる姿勢についてです。腰痛などがない時は腰に多少負担のかかる姿勢をとっていたとしても気がつかないことがあるかも知れません。しかし、そのままの習慣を続けていると腰痛につながることも。

そうなるまえに予防しておきたいものです。

腰に負担がかかる姿勢とは?

人間は2本足で立っているお陰で手が自由になりましたが、その代わり腰に大きな負担がかかるようになりました。実は立っているだけでも腰には負担がかかっています。

姿勢別で見るとこんな感じになります:(立っている時の負担を1とします)

・寝る 0.25
・立つ 1
・座る 1.4
・前かがみで立つ 1.5
・前かがみで座る 1.85
・前かがみでたって20キロのものを持つ 2.2
・前かがみで座って20キロのものを持つ 2.75

どうですか?思ったよりも腰に負担がかかっていることがわかると思います。腰に負担がかかる姿勢とは腰を曲げた時と考えておくとよいかも知れません。ただし、いくら姿勢をよくしていても同じ姿勢では腰に負担がかかってくることも覚えておくと良いと思います。

記事:2007年03月13日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド