寝方
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 寝方

腰痛ガイド「寝方」

寝る姿勢はどんな形が腰に良いかでも腰痛時の寝方についてご紹介しましたが、今回はもう少し詳しく寝方についてご紹介します。

慢性的な腰痛を抱えていると眠れない日があったり、朝起きたら腰が痛むこともあります。寝る姿勢は一番快適だと感じる方法がよいのですが、それでも腰に負担にかからないことが条件になります。

腰痛時の寝方

仰向けで寝る場合は膝の下にまくらなどをおいて寝ることで背骨の自然なカーブを保つことができます。まくらはあまり高すぎないものを選びます。

横になって寝る際は膝を前に出すようにして曲げます、そして両膝の間にまくらを挟むと腰への負担が軽減されることもあります。

うつ伏せで寝ることは一般的に腰に負担がかかると考えられていますが、どうしてもうつ伏せで寝る以外に方法がないという場合は骨盤から下腹部の辺りにまくらを置くと良いと思います。

記事:2007年02月27日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド