高齢者の腰痛
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 高齢者の腰痛

腰痛ガイド「高齢者の腰痛」

高齢者の腰痛の原因の一つには骨粗しょう症が挙げられます。骨粗しょう症とは骨がスカスカになってしまいもろくなった状態をいいますが、この骨粗しょう症が原因で腰痛が起こることがあります。

高齢者の腰痛と骨粗しょう症

高齢者の中には一度転んでしまってから寝たきりになってしまったという話もよくききます。ちょっと転んだだけでも骨折してしまう骨粗しょう症の特徴は閉経後の女性に多いこと。これには女性ホルモンが関係しています。

骨粗しょう症によって骨が押しつぶされたり、変形することで痛みを感じます。また、背中が丸くなってくることで筋肉に疲労がたまり、筋肉性腰痛症が起こる場合もあります。

具体的には前かがみになった時や何か重いものを持つとき、立ち上がる時などに痛みを感じます。骨粗しょう症の治療方法には食事療法、薬物療法、運動療法といった方法がありますが、いずれにしても医師に診断してもらうことが大切です。

記事:2007年02月25日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド