ぎっくり腰の予防には
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > ぎっくり腰の予防には

腰痛ガイド「ぎっくり腰の予防には」

ぎっくり腰というと体を使って無理な体勢をとっている人がなってしまうような印象を受ける人もいるでしょうが、案外椅子に座りっぱなしの仕事をしている人にも多いものです。

ぎっくり腰は一度やってしまうと再発するケースも少なくありません。再発を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

ぎっくり腰の予防と再発防止

ぎっくり腰の予防にはまず何が原因であったかを探る必要もあります。日頃から腰に負担がかかるような動作をしていなかったか、姿勢がくずれていなかったかなど。

それを理解した上で、ぎっくり腰予防には:

1.姿勢を見直す
2.生活習慣を見直す
3.適度な運動を行う

といったことが必要です。姿勢の悪さは腰痛の最も共通した原因の一つです。また、肥満は腰への負担を増加させます。

適度な運動を行い、筋力アップをはかることも大切です。腹筋など腰椎を支えるべき筋力が弱ってくれば、再発の危険もあるからです。ぎっくり腰の予防には多少の努力も必要ですが、これらは体の健康にとってもよいことばかりです。

記事:2007年02月25日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド