椎間板ヘルニアの診断方法
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 椎間板ヘルニアの診断方法

腰痛ガイド「椎間板ヘルニアの診断方法」

椎間板ヘルニアの診断にはまず問診が行われます。問診ではどこが痛むのか、いつから痛んでいるのかなどを医師が聞いてきます。次に触診等になりますが、椎間板ヘルニアの診断方法には下記のようなものが用いられます。

椎間板ヘルニアの診断

椎間板ヘルニアの診断方法:

・SLRテスト

SLRテストとは仰向けに寝た状態で足を上げてもらい、痛みを感じるか、または痛みを感じる部位を調べます。ひざは伸ばした状態で行われます。

他にも膝のじん帯をたたいて反射を見る方法もあります。通常は反射的に足が跳ね上がりますが、神経に何かしらの異常があればこの動作が弱まったり、見られなかったりします。

さらに、MRIなどの画像検査で詳細にわたって検査を行い、尿検査や血液検査も行います。椎間板ヘルニアの診断は一般の人が自己判断でできるものではありません。必ず医師に見てもらうようにして下さい。

記事:2007年02月19日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド