腰痛ベルトの使い方
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 腰痛ベルトの使い方

腰痛ガイド「腰痛ベルトの使い方」

腰痛ベルトは一般的によく使われるもので、コルセットに比べて動作がそれほど制限されないのが特徴といえます。腰痛ベルトの特徴は縦の幅がコルセットよりも狭いこと。手軽に利用できますが、あまり頼りすぎると逆効果です。

腰痛ベルトの正しい使い方とは

腰痛ベルトは使い方によって効果を発揮することもあれば症状を悪化させてしまうこともあります。

腰痛ベルトはコルセットと違い比較的症状が軽い腰痛に対して活用されます。そのため、痛みが激しい急性腰痛(ぎっくり腰など)にはあまり向いていません。

慢性腰痛などには向いていますが、長い間腰痛ベルトに頼ってしまうと腹筋や背筋が弱ってしまい、腰痛になりやすい体にしてしまうので気をつける必要があります。

腰痛ベルトの効果的な使い方は特定の作業など、腰に負担がかかると予め予想できる場合などに利用することではないでしょうか。腰痛ベルトに頼りすぎれば筋力が落ちてしまいますので必要以上に頼らないようにすることも大切です。私達が持っている最善の腰痛ベルトは自身の筋肉だとも言えると思いますね。

記事:2007年02月16日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド