コルセットと腰痛ベルトの違い
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > コルセットと腰痛ベルトの違い

腰痛ガイド「コルセットと腰痛ベルトの違い」

コルセットと腰痛ベルトを一緒にされる方もいますが、基本的にはそれぞれ違った役割があります。今回はコルセットと腰痛ベルトの違いについて簡単にご紹介します。

コルセットと腰痛ベルトの違い

コルセットと腰痛ベルトの違いですが、コルセットはより腰痛の症状が重い人向けであるのに対して腰痛ベルトはやや症状が軽めの方向きといえます。

コルセットは腰痛治療でも保存療法の一つとしても活用されます。コルセットは幅(縦)が広いのが特徴です。幅が広がることで動作もかなり制限されますので、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアの患者さんにも使われます。

ただし、コルセットも様々なタイプがあり、動きやすく設計されたものもあるようです。

腰痛ベルトの特徴はコルセットに比べてその幅が狭い点にあります。そのため動作もコルセットほど制限されません。ぎっくり腰などの急性腰痛というよりも慢性的な腰の痛みに使用されるのが腰痛ベルトの特徴と言えますね。

記事:2007年02月16日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド