変形性腰痛症
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > 変形性腰痛症

腰痛ガイド「変形性腰痛症」

変形性腰痛症は加齢によって起こる症状の一つで40歳から多く見受けられるようになり、年齢が高くなるにしたがって増えてゆく傾向にあります。50歳以上になるとその発症率は極端に上がります。

変形性腰痛症の特徴

変形性腰痛症は老化現象の一つであるとご説明しました。老化によって腰椎を形成する椎間板や他の部位などが変形することでこの症状が起きます。

老化によって椎間板の水分が減少したりといったことが進行すると衝撃を吸収しきれずに骨同士があたってしまい、磨り減ってゆきます。この状態が続くと椎骨の表面にトゲのようなものが出来てしまいます。

変形性腰痛症は女性よりも男性に多いこともその特徴の一つです。

記事:2007年02月12日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド