ぎっくり腰になった際の寝方
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > ぎっくり腰になった際の寝方

腰痛ガイド「ぎっくり腰になった際の寝方」

ぎっくり腰になったら絶対安静が必要です。そこで腰に負担をかからない寝方について今回はご紹介したいと思います。

ぎっくり腰になった際の寝方とは

まずは腰に負担をかけないような敷布団を用意することが大切です。敷布団がやわらかすぎると腰が沈んでしまい腰に負担がかかります。逆に固すぎれば腰が反ってしまいます。

適度に固さのあるものを選ぶとよいと思います。又は、薄い敷布団を2枚重ねてもよいでしょう。

寝方ですが、仰向けになって膝をやや高くして寝ます。膝の下に座布団などをしくとよいと思います。高さはご自分で調整するとよいでしょう。

横向きになって寝る場合は膝をまげるような形で寝ます。いずれにしても自分が楽だと感じる体勢がよいのですが、短期的ではなく長期的に楽な姿勢をとることが大切です。

記事:2007年02月09日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド