ぎっくり腰の原因とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > ぎっくり腰の原因とは

腰痛ガイド「ぎっくり腰の原因とは」

ぎっくり腰になるにはいくつか原因が考えられます。

きっかけとなるものは重い物を持ったときや無理な運動を続けた場合、外部からの強い圧力がかかった場合などですが原因はそれ以外にあります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因の1つとして考えられるのが「老化」です。老化によって筋力が低下し、腰椎を支える力が衰えてくることぎっくり腰の原因をつくってしまうというわけです。

ここで言う筋力とは腰椎をささえる腹筋や背筋のことですが、運動療法などによって改善することもありますのでまずは専門家に問い合わせてみるのも良いかも知れません。

ぎっくり腰は腰をひねったり、そったりすることで発症することもあればくしゃみをしただけでなってしまうこともあります。ぎっくり腰を引き起こす直接的な原因としては無理な運動をしたために椎間じん帯が損傷する、椎間板が何かしらの原因で損傷する、筋肉・筋膜の損傷といったことが考えられます。

記事:2007年02月08日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド