ぎっくり腰予防体操とストレッチ
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 腰痛 > ぎっくり腰予防体操とストレッチ

腰痛ガイド「ぎっくり腰予防体操とストレッチ」

ぎっくり腰になるにはいくつか原因があります。無理な運動をしていた場合、外部から強い圧力などを受けた場合など様々です。

ぎっくり腰には老化も関係していますし、筋力の低下も深い関係があります。今回はぎっくり腰の予防体操、ストレッチについて簡単にできるものを2点ご紹介します。

ぎっくり腰予防体操とストレッチ方法

まずは寝て行うストレッチです。

@仰向けになって寝ます。両膝は立てておきます。
A今度は右ひざを左側へ倒してゆきます。
B体ごと左側に倒さないように注意します。
C左も同じように行います。

座って行う簡単なストレッチです。

@椅子にすわったら、両手を組んで頭にあてます。
A次に右側に状態をゆっくりひねります。数秒間静止します。
B左も同じように行います。

これらは簡単にできるストレッチですが、本格的な運動療法となると理学療法士などにアドバイスを求められることをおすすめします。

記事:2007年02月08日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド